ひとりごと

雑感と記憶に留めたい出来事の記録。

積読だらけの本棚

本を読むのは好きなほう。

読みたい本は図書館で借りることが多かったけれど、子どもを産んでからは図書館に行くタイミングや返却期限がネックになり、最近は特に新刊であれば買うようになった。良かった本は手元に残し、1度読めば良いような本はすぐにメルカリで売ってしまう。新刊はメルカリで良く売れるので助かる。

意外と手元に残る本は少なくて、家には本を収納するスペースがないのでそれも丁度良い。年末に読んだ逢坂冬馬の『同志少女よ、敵を撃て』くらいかな、最近手元に残そうと思ったのは。母に貸しているので本棚にはないのだけれど。

手前にあるカバーのかかった本は、昨日買った町屋良平の『ほんのこども』。その下にあるのが、子ども用に買った月刊かがくのとも。unpisさんの絵がかわいいのです。

奥は、左から
・新潮 2016年6月号
・松本仲子『調理科学のなぜ?』2017.05
・文藝 2019年秋号
鳥飼茜『漫画みたいな恋ください』2018.09
・月山もも『ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山』2020.10
・『スッキリわかる FP技能士3級 2020-2021年版』2020.05
・ぶち猫『日々をたのしむ器と料理』
よしながふみ『愛すべき娘たち』2003.12
・文藝 2022年春号
マイケル・クライトン浅倉久志訳『アンドロメダ病原体』1970
・Michael Crichton, "The Andromeda Strain" 1969
・Michael Cunningham, "The Hours" 
SFマガジン 2022年4月号
George Orwell, "1984
小野不由美 十二国記シリーズ

ほぼ積読

2016年の新潮は、この頃アレン・ギンズバーグに興味があったんじゃないかな。今ではギンズバーグ誰?って感じなので、興味は続かなかったみたい。

松本仲子さんの『調理科学のなぜ?』、他に似た本を処分して残したやつ。

2019年の文藝は、この頃流行っていた『82年生まれ、キム・ジヨン』や『三つ編み』を読んでいたので流れで買った本ですね。次に読む本の参考にしようと思ったんだろうけれど、展開していかなかったな。

鳥飼茜のエッセイは、この頃よく漫画を読んでいたから買ってみた感じ。途中まで読んでたんだけど、加速度つかなくて止まったまま。

月山ももさんのは、出産入院中にまるっと読んだやつ。読んだ本あった!今見たら子どものエコー写真がはさまってて、仁王のような顔してるもんだから笑ってしまった。あと、全体にわたって写真とか見出しのページがカラーでとても良い。手元に残そうと思ってここに置いてあったっぽい。

ファイナンシャルプランナーのテキストは産休中にやろうと思ったんだけど、予定より出産が早くて&引っ越し準備などで手つかず。いずれ、いずれは。

ぶち猫さんのは眼福~。時々眺めては適当な皿を買わないぞと自分に言い聞かせている。

よしながふみの『愛すべき娘たち』は永遠に手元に置いて、時々読み返すのです。

2022年春号の文藝は、宇佐見りんの『くるまの娘』を読もうと思って買ったものの、本屋にもう単行本が並んでしまった。単行本待てたじゃん。

アンドロメダ病原体』は十数年前にCOWBOOKSで買った古本。初めて読んだ時はまじで痺れた。

隣はその原文。映画見た後に原文でも読んでおくかと思って買ったが、もちろん読んでいない。

"The Hours" も映画が好きで原文でも読んでおくかと思って買った(略

SFマガジンは、いままでBLを履修してこなかったので良い機会かもと思って買ったやつ。あと、よしながふみのインタビュー記事もあったし。全然読んでいない。

"1984" は一番古い積読本。なぜか読むに至らない。村上春樹1Q84を読む前にと思ったこともあったけど、結局は先に1Q84を読んでしまった。

十二国記!未履修だったので新刊が出たタイミングで揃えたものの、1冊も読んでいない。新刊出たのもう2019年のことなのね。はやい。

せっかくなので、1冊でもレビュー記事を書いていけたらいいな。

*****

今週のお題「本棚の中身」

ポイントの良し悪し

この3日ほど、1,500円分のポイントを何に使うか考えあぐねてかなり消耗し、だからポイントは苦手なんだよと改めて思うなどした。

発端は、先週末に某ショッピングサイトから届いたポイント有効期限のお知らせメール。一昨年の冬に数千円の買い物をしただけなのに、何故か1,500円分のポイントもあった。

欲しかった日用品の取り扱いがあったので、ことはすんなり進むかと思いきや、近所のスーパーで同じものが4割以上安くて、確かに出ていくお金は少なくて済むんだけど、近所で950円で売ってるものを、ポイント使って750円出して買うの!?ポイントなきゃ2,250円もするんだが!?となってしまい、その後は同じことの繰り返しで使い道を探すのに難航してしまった。こういうの本当に下手だな自分。

最終的には、80円くらいの持ち出しでジュースとお菓子のセットを買った。ちょっとした楽しみができて嬉しい。

普段からポイントカードは断ることが多いんだけど、ネットショッピングのサイトはアカウント作っちゃうとそのままにしちゃうから厄介。最近はAmazonのアカウントで支払いができるサイトも多くて便利なんだけど、Amazon。。。とも思う。

とにかく、買ったものが届いたらこのサイトのアカウントは閉じよう。またポイント配ってくれることがありそうだけれど、また同じことを繰り返すのが目に見えてるからね。絶対そうする。

すごく良かったのに好きとは言えない『犬王』

映画『犬王』を見てきたのでその感想。

端的に言うと、素晴らしいところがいっぱいあったけれど、それでお終い、という感じ。

琴線に触れたところが結構あった。一番印象に残っているのが、犬王が最後に能舞台で舞い始めた時のキャラクターの動かし方。もはやこういうパフォーマンスも3次(実際の人間)じゃなくても良いのかもしれないなとふと思ったくらい。ふとね。美術が全体的にとても良かった。キャスティングも最高だった。

なのに、人物の絵が好みじゃないなと節々で感じてしまい、良い映画だとは思うけれど、という感想に留まってしまう。歌部分の演出で、冗長だなとか飽きてきたなとか感じながら見ていた部分もあったけれど、そうゆうのは大好きな映画でもままあるから決定打にはならないんだけれど、キャラデザって私にとって相当に映画の評価を左右してしまうらしい。

過去にジブリの『かぐや姫の物語』を見た時、絵が全然好みじゃなかったから大丈夫かな?と不安な気持ちで見に行ったんだけれど、映像表現が余りにも新鮮で、キャラデザのことがさほど気にならなかったんだよね。今見てもやっぱり全然惹かれないタイプの絵なんだけど、感想聞かれたら周りにおすすめしたくらいには良かった。劇場で1回見たきりなので、好きとまでは言えないのだけれど。

犬王とかぐやの差って何なんだろう。

逃飛行

もう15年も前の話。

まだ学生でひとり暮らしをしていた時のこと。お盆か年末年始かも覚えていないけれど、オンシーズンに最悪のタイミングで国際線の航空券を購入したことがある。

大学が休みになるのに何も予定がなかったことで病みそうになったため、突発的にアメリカの知人の所へ遊びに行くことにした。いつもは何カ月も前に手配したり、春休みの閑散期を利用していて、安い時は6万円ほど、高くても10万円くらいで行き来していたが、さすがに2~3日前に購入するオンシーズンのチケットは高くて、25万円くらいした。もちろん、エコノミー。

学生の身分で良く買えたな、と思うのだけれど、25万円で現実逃避できるなら安い買い物だったのかもしれない。

***

今週のお題「人生で一番高い買い物」