ひとりごと

雑感と記憶に留めたい出来事の記録。

すごく良かったのに好きとは言えない『犬王』

映画『犬王』を見てきたのでその感想。

端的に言うと、素晴らしいところがいっぱいあったけれど、それでお終い、という感じ。

琴線に触れたところが結構あった。一番印象に残っているのが、犬王が最後に能舞台で舞い始めた時のキャラクターの動かし方。もはやこういうパフォーマンスも3次(実際の人間)じゃなくても良いのかもしれないなとふと思ったくらい。ふとね。美術が全体的にとても良かった。キャスティングも最高だった。

なのに、人物の絵が好みじゃないなと節々で感じてしまい、良い映画だとは思うけれど、という感想に留まってしまう。歌部分の演出で、冗長だなとか飽きてきたなとか感じながら見ていた部分もあったけれど、そうゆうのは大好きな映画でもままあるから決定打にはならないんだけれど、キャラデザって私にとって相当に映画の評価を左右してしまうらしい。

過去にジブリの『かぐや姫の物語』を見た時、絵が全然好みじゃなかったから大丈夫かな?と不安な気持ちで見に行ったんだけれど、映像表現が余りにも新鮮で、キャラデザのことがさほど気にならなかったんだよね。今見てもやっぱり全然惹かれないタイプの絵なんだけど、感想聞かれたら周りにおすすめしたくらいには良かった。劇場で1回見たきりなので、好きとまでは言えないのだけれど。

犬王とかぐやの差って何なんだろう。